小顔になるための知識

看護師

注意しておきたいこと

ボトックスは元々体の中にない成分を注射し、さらにその薬液は筋肉を弛緩させる効果が期待できる物なので、時には副作用が出てしまうことがあります。しかしそれはある意味薬の効果が出ている、注射をして効果が期待できるという証拠にもなります。基本的には顔に注射した場合であれば、顔の筋肉を動かしにくくなるとか、しびれた感じがするなどがその主な症状です。またボトックス自体は1回注射をすればもう注射する必要がないというわけではなく、定期的に注射をして状態をキープすることになります。つまり、薬剤の効果はいつまでも続くわけではなく、徐々にその効果が消えていくということです。だから、もし副作用が出てしまったとしても、いつまでもその症状が続くのではなく、次第にその症状は消えていくというのが一般的です。基本的にボトックス自体は副作用が他の施術と比べても少ない施術となっているのですが、注入する薬剤の量を調整すれば、より副作用が出にくくなります。また筋肉に直接注射しますが、その注射をする箇所を工夫すれば、1回症状が出た人でも次回は安全に注射することも期待できます。したがって、もし想像していた作用と違っている変化があった場合は、すぐに医師に相談することを心がけます。

ボトックスは筋肉を萎縮させる効果が期待できる注射なので、基本的には発達している筋肉を小さくしたい箇所に薬剤を注入します。だから、エラが張っている箇所に注入すれば小顔効果が期待でき、ふくらはぎが発達しているところに注入すれば足を細くする効果も期待できるという仕組みです。ただ、人によっては効果がかなり出てしまうこともあり、その場合に出てきた症状は副作用と判断されます。しかし、副作用自体はある程度予防することができるので、初めて注射をする際は、あまりたくさんの薬剤を注入しないようにするのも一つの方法です。また、施術は美容皮膚科や美容整形外科などで受けることができるようになっていますが、副作用に対しても、アフターケアを行うサービスなどが行われています。もちろん副作用自体は次第に症状が軽くなっていきますが、患者としてはその症状に対して不安を抱くことも少なくありません。その場合は病院にあらかじめ用意されている相談窓口などを利用し、なるべく早く対処してもらう方が無難です。また病院で施術を受ける前はしっかりとボトックスの副作用に関する説明も行われるので、不安な点がある時はその場で質問するようにします。病院では安心して施術を受けることができるように、質問体制などももちろん整備されているからです。

Copyright© 2019 投与するだけでシワがなくなるボツリヌス菌医薬品 All Rights Reserved.